星の柄の平面マスク

息子にせがまれて子供用の平面マスクを作りました。

ふわふわガーゼマスクも可愛いけれど、夏なので少し薄めの裏地だけガーゼのマスク。

表地はお気に入りの柄の布を使い、裏地は手ぬぐい(ダブルガーゼ)を使って肌触りよく仕上げました。

平面マスクの作り方と子供用・大人用サイズをご紹介します。

スポンサーリンク

平面マスクの材料

【出来上がりサイズ 縦9cm × 横13cm】


・好きな柄の布(表地)・・・縦13cm × 横19cm

なんでも良いですが通気性と吸湿性を考えるとコットンがおすすめ


・ダブルガーゼ or 手ぬぐい (裏地)・・・18cm×13cm

内側の肌が当たる部分になるので肌触りの良い布


・ゴムひも

・糸


我が家では裏地に綿の手ぬぐいをよく使います。

手ぬぐいもダブルガーゼも綿ですが、手ぬぐいの方が丈夫で縮みにくくしわになりにくいので頻繁に洗濯でも変形しないのが良いところです。

綿素材なので肌触りも良くサラッとしているのに汗は吸ってくれるので夏でも快適です。

サイズはうちの小学生の子供サイズです。

幼稚園の時は出来上がりサイズ8cm×12cmで作っていました。


サイズ調整の仕方は

縦を1cm縮める場合は、最初の布寸法を表地は縦1cm、裏地は縦2cm短いサイズにします。

縦を2cm大きくする場合は、最初の布寸法を表地は縦2cm、裏地は縦4cm大きいサイズで切ります。

横を1cm縮める場合は、表地と裏地をそれぞれ1cm短いサイズでで布を切ります。

横を2cm伸ばす場合は、表地と裏地を両方2cm長いサイズにします。


【平面マスク参考サイズ】

子供用 小 (出来上がりサイズ 8cm×12cm)

・表地 12cm×18cm

・裏地 16cm×12cm

子供用 普通 (出来上がりサイズ 9cm×13cm)

・表地 13cm×19cm

・裏地 18cm×13cm

大人小さめ&ジュニア用 (出来上がりサイズ 9cm×14cm)

・表地 13cm×20cm

・裏地 18cm×14cm

大人用 (出来上がりサイズ 10cm×15cm)

・表地 14cm×21cm

・裏地 20cm×15cm


用意する道具

・はさみ

・定規

・水で消えるチャコペン または フリクションペン(熱で消えるペン)

・ミシン

・アイロン

・紐通し

・クリップまたはまち針

スポンサーリンク

平面マスクの作り方

1 水通し→乾燥→アイロン

新品の布は水を通すと縮みます。

水通しをする前に作ってしまうと洗った後小さくなってしまうので

必ず作る前に布を水に濡らして良く絞り乾かしてください。

布がシワシワだとまっすぐに切れないので、乾いたらアイロンをかけます。


2 布を切る

今回は子供用のサイズで作りました。

表地  13cm×19cm

裏地  18cm×13cm(半分に折って使う)

作りたいサイズに合わせて布を切ります。


3 裏地を半分に折りアイロンをかける


4 裏地の上下1cmずつに印をつける


5 表地と裏地を中表で合わせて上下の印を縫う



青い線を縫った後、緑の線も縫う。



6 縫い代を5mmくらい残して切る


7 縫い代を表地側に倒してアイロンをかける


縫い代は表側と裏側どちらに倒してもOK

両側に割ってもOK

どちらかというとアイロンをかけなくても自然に裏地側に倒れます。

今回は裏地よりも表地の方が薄かったので表地側に倒しました。


8 表裏をひっくり返してアイロンをかける


9 上下の端を縫う




10 左右を三つ折りにしてアイロンをかける(ゴムを通す所を作る)




11 ゴム入れを縫う(表に出るので返し縫いをして丁寧に)


12 ゴム通しでゴムを入れて完成


星の柄の平面マスク


スポンサーリンク