折り上げマスクを作ってみました。

西村大臣マスクとも言われていますね。

うちの長男愛用のプリーツマスクも次男愛用の平面マスクも顔に張り付いてくる感じが嫌なので

立体マスクを作りたい!

でも、不器用なので曲線縫いはあまり得意じゃない!

というわけで、直線縫いだけで出来る簡単な折り上げマスクを作ってみました。

何度も言いますが不器用なので、少しぐらい縫い目がズレても良いように縫い代は多めにとってあります。

スポンサーリンク

折り上げマスクの作り方 型紙なしの簡単な方法

折り上げマスクの出来上がりサイズと布のサイズ

出来上がりサイズ

縦16cm(真ん中縦8cm、折り上げ部分上下4cmずつ)×横22cm

布のサイズ

表地 20cm×24cm

裏地 16cm×24cm


表地と裏地を同じサイズで合わせても良いのですが

何回も洗っているうちに縮み裏地が表から見えてしまうと嫌なので

表地が少しだけ裏側に織り込まれる作りになっています。


折り上げマスクの材料(用意するもの)


・布 表地 20cm×24cm

・布 裏地 16cm×24cm

コットンが肌触りが良いです。ダブルガーゼでもOK、コットン手ぬぐいでもOK

個人的にはコットンの手ぬぐいがサラッとした感じで好きです。

表地はなんでもOK、吸湿性を考えるとコットンが良いけれど、ポリエステルは皺になりにくいので洗濯が楽

好きな柄の布があればそれが良いと思います。

・糸

・ミシン(手縫いの場合は必要なし)

・水で消えるチャコペン or フリックスペン

・アイロン

・はさみ


折り上げマスクの作り方の手順


1 布を水で洗って乾かす

のりがついている場合はを洗って落とします。

水を通すと縮むので洗わないで作ると縮んでしまい出来上がりサイズより小さくなってしまうので

布を切る前に布に水を通します。

この時に水で落ちるチャコペンの試しをついでにする

2 布を切る

表地 20cm×24cm

裏地 16cm×24cm

3 裏地の裏側に上下1cmに線をひく



線はフリックスペンか水で落ちるチャコペンが便利です

両方ともはっきりと線が見えるので視力が悪くても見やすくて

フリックスペンはアイロンをかけると消えてしまい

水で落ちるチャコペンは水であると跡形もなく消えてしまうので。

ポリエステルとコットンのダブルガーゼ、コットンの手ぬぐいでは消えました。

布の種類によっては消えにくいものもあるかもしれないので

布に水を通す時についでに布の端でためして

4 布の表通しを合わせて上下を縫う



3の写真の赤い線の部分を縫います。


5 縫い代は邪魔なので5mmを残して切り落とす


6 縫い代をアイロンで割る


7 表裏を返す


8 アイロンをかける


9 上下を端ミシン


10 裏に上下4cmのラインを引く



11 ライン通りに折ってアイロンをかける



12 追ったところを端ミシン


スポンサーリンク

13 左右から4cmで印をつける



14 半分に折り中心を持って引っ張り出す





15 アイロンをかけてクリップでとめておく




16 左右3cmのところに印をつける



17 余分な布を切り取る



左右の赤い部分、全部で4か所切り取ります。




18 左右を三つ折りにしてアイロン



赤い線のところで折って三つ折りにする



19 ゴムを通すところを縫う



20 ゴムを通して出来上がり

スポンサーリンク