DYLONで染めたマスク
エアリズム(AIRism)マスク、ガーゼマスク、ウレタンマスク、TシャツをDYLON(ダイロン)で染めてみました。

ダイロンは化学染料なので草木染めよりも手順が少なくて簡単に染まります。

使い古して色あせたり黄ばんでしまったマスクが綺麗に生まれ変わります。

色が変わるだけですが新鮮な気持ちで使えます♪
スポンサーリンク

エアリズム・ガーゼ・不織布マスク、Tシャツの染め方

今回はDYLONマルチCOFFEENAVYを使って染めました。

茶色と紺色ですね。
DYLON(ダイロン)マルチのCOFFEEとNAVY
DYLONマルチはメーカーのHPを見ると

ポリエステルは染まらないとありますが、やってみると結構染まります。

綿に比べると色は少し薄く染まります。

DYLON(ダイロン)染めに使ったマスクとTシャツは…

今回染めた布はこちらです。
①Tシャツ 

綿66% ポリエステル34%

ユニクロのドライカラーVネックTシャツです。


②Tシャツ ←写真を撮り忘れました( ̄▽ ̄;)

綿55% レーヨン10% ポリエステル5%
メーカー不明


③エアリズムマスク 

ポリエステル

ユニクロのエアリズム(AIRism)マスク


④コーヒー染めしたエアリズムマスク 

ポリエステル 

以前コーヒー染めをしたものです。

ポリエステルなのでやはりコーヒーでは薄い色にしかなりませんでした。もう少し濃い茶色にしたかったのでDYLONで染め直してみます。
⑤ガーゼマスク 

綿100%

子供の給食用のマスクです。


⑥ウレタンマスク

素材はウレタン? 表示がないので不明です。

1年くらい使ったらきれいな薄サーモンピンクが汚くなってきたのでDYLONで染めてみます。


⑦ダイソーレースマスク 

本体はポリエステル

ダイソーで購入

本体はポリエステルとしか書いてないので他の素材がよく分かりません。

レース部分と本体が違う素材だと思うので、染まり具合がどのくらい違うか楽しみです。


⑧不織布マスク

草木染めではあまり色がつかない不織布マスク。

DYLONなら染まるのかどうかやってみました。


⑨UVカット手袋 ←写真を撮り忘れました( ̄▽ ̄;)

もともと生なりの手袋ですが薄汚れてきたので染めてみました。

素材、メーカーは分かりません( ̄▽ ̄;)

多分ポリエステルじゃないかな?

と思い今回DYLON染めにチャレンジ
(草木染めではポリエステルはほとんど染まらないので)

マスクのDYLON染めで用意するもの

DYLON染めで用意するもの
・染める布

・ダイロンマルチ1袋(今回はCOFFEEとNAVYを1袋ずつ使いました)

・熱湯 6L ←我が家のやかんが4Lだったので4Lでやりました( ̄▽ ̄;)

・塩 30g

・バケツなどの容器 (染液を布を入れるので大きめの物)

・ゴム手袋 (お湯が熱いので厚めのものが良い)

・菜箸 (染料を混ぜる用)

・やかん お湯を沸かす用

やかんで4Lのお湯を沸かして、最初に染料を溶く用の500mlはミルクパンで沸かしました。

マスク(Tシャツ・手袋)をDYLONで染める方法

DYLONマルチのパッケージにやり方が書いてあるので、その通りにやれば結構きれいに染まります。

スポンサーリンク

手順1 布を中性洗剤で洗う

マスクを中性洗剤で洗う様子
説明書には特に書いてありませんでしたが

草木染めではノリや油汚れを落とすために中性洗剤で洗います。

習慣で今回も一応洗っておきました。

手順2 お湯を沸かす

最初に染料を溶かすお湯500mlと後で混ぜる6Lを沸かします。

うちのやかんは4Lで一気に6Lは沸かせないので、4Lでやってしまいました。

500mlはミルクパンで沸かしました。

手順3 500mlのお湯にDYLONを溶かす

500mlのお湯に溶かしたDYLONマルチ
お湯にダイロンを投入して菜箸で混ぜました。飛び散ると色々しみになるので作業は外でやりました。

刺激臭ではありませんが独特のにおいがあります。
良いにおいではないので、換気するか外でやった方が良いかもしれません。

手順4 大きめの容器にDYLON液を作る

4Lのお湯に溶かしたDYLONマルチ液
バケツなどの大きな容器にお湯4Lを入れて(説明書通りにやる場合は6L)

塩30gと投入

③のダイロン液を入れて菜箸でまぜまぜします。

容器は大きめのものを使った方がこぼれにくくて作業しやすいと思います。

使った容器は12Lの折りたたみおけ。大きいのに折りたたむと洗濯機の横にかけておけるので結構便利です。

手順5 DYLON液に布を入れて20分もみ洗いするように混ぜる

DYLON液につけた布
染液に布を入れてゴム手袋をつけてもみもみします。

擦ると布が痛むのでそーっと、布全体に染液がしみ込むように揉み洗いします。

熱いので火傷しないように注意してください。

ゴム手袋は厚いものを使った方が安全です。

それでも熱いので、少ししかもみもみしてません( ̄▽ ̄;)

手順6 そのまま20分浸しておく

よく染まるように、むらにならなように時々菜箸で混ぜます。

手順7 よく水洗いして乾燥

よく水で洗います。

説明書には10回くらい水を変えながら洗うと書いてあります。

液が透明になるまでよく洗います。

DYLON染めの結果はこんな感じ

DYLONマルチのCOFFEEで染めたマスクとTシャツ

上の写真はDYLONマルチのCOFFEEで染めたマスクとTシャツです。

DYLONマルチのNAVYで染めたマスクとTシャツとUVグローブ

DYLONマルチのNAVYで染めたマスク・Tシャツ・UV手袋です。

①Tシャツ ユニクロドライカラーTシャツ (綿66% ポリエステル34%)

綺麗なコーヒー色になりました。生地の裏側と糸が染まりにくかったようで薄い色になりました。


②Tシャツ メーカー不明 (綿55% レーヨン10% ポリエステル5%)

だいぶくたびれTシャツでしたが、ネイビーになるとちょっと綺麗に見えますね。
コレも糸だけ少し薄い色になりました。


③エアリズムマスク (ポリエステル)

COFFEEもNAVYもどちらも濃い色に染まりました。
フチから耳の部分が薄い色に染まりました。
アクセントになって良いかな?
と思うかどうかは好みによりますね( ̄▽ ̄;)


④コーヒー染めした後のエアリズムマスク (ポリエステル) 

コーヒー染めの上にDYLONのCOFFEEを重ねて染めました。
DYLONが濃く染まるので、コーヒー染めはしてもしなくてもあまり変わりはなかったみたいです。

⑤ガーゼマスク (綿100%)

COFFEEもVAVYもとても濃い色に染まりました。


⑥ウレタンマスク

1枚しかなかったのでCOFEEで染めてみましたが、すごく濃い色になりました。こげ茶というより黒に近い茶色です。(茶色っぽい黒かな)

⑦ダイソーレースマスク (本体はポリエステル)

レース部分と本体部分の素材が違うようで、染まり方が全然違いました。
レース部分は濃い色に染まりましたが、本体は薄い色になりました。
これはこれで可愛いですね。


⑧不織布マスク

COFEEで染めてみましたが、やはり不織布マスクは染まりにくいですね。ベージュになりました。コーヒー染めよりも少しだけ濃くて均一に染まりました。
ダイロン染めは草木染めよりもムラになりにくくて良いかもしれません。

撥水加工を取らないと色がつかないので最初に洗剤で洗います。その時にちょっと毛羽だったりよれたりしてしまいます。


⑨手袋

薄汚れたきなりでしたがきれいな水色になりました。
少し暗めの渋い水色です。
汚いグローブが素敵な色に生まれ変わりました(*^▽^*)
草木染めみたいに

染液浸けて、媒染浸けて、染液浸けて、

とかやらなくて良いので楽ですね。

ポリエステルも染まったし(*^▽^*)

同じポリエステルでも薄くしか染まらないものもあるので、やってみないと分かりませんね。

エアリズムは端の縁取り(?)があまり染まらなかくてちょっと残念です(´・ω・`)

手順は草木染めよりも簡単ですが

お湯が大量に必要なので大きな容器がないと出来ません。

あと、もみもみするのが熱くてあまり出来ませんでした ( ̄▽ ̄;)

(それでも染まるので問題ありませんが)

プラスチックは染まってしまうと説明にありましたがうちの容器は大丈夫でした。

スポンジでこすったらきれいに取れました。

においはガーゼマスクはほとんど残りませんでした。

Tシャツとエアリズムのマスクが少しDYLONのにおいが残りましたが、洗剤で洗ったらにおいはしなくなりました。
スポンサーリンク