ハムスターの飼い方 餌のあげ方

ハムスターは雑食なので色々なものを食べます。

慣れてくると人間の手からエサを食べるので、おやつをあげるのも楽しみですが、

食べてはいけないものもあるので注意が必要です。

ハムスターにはどんな餌をどのくらい上げるのが良いのか?

あげてはいけないものは何か?

など、ハムスターの餌の与え方をお話しようと思います。

スポンサーリンク

ハムスターは何を食べる?餌の種類は?

ハムスターが食べることができるのは、ペレット・穀物や種・展乾燥野菜・乾燥果物・生野菜・生果実・その他タンパク質です。

ハムスターは雑食でなんでも食べてしまうので、あげてはいけないものを食べさせないように気をつけてください。

ペレット

ペレットは総合栄養食になります。

ペレットだけ食べていれば大丈夫

というくらいハムスターにとっては栄養バランスの良い食べ物なので、

主食はペレット、他のものはおやつとして少しだけ、というのが健康には良いかと思います。

毎日ペレットだけでは飽きてしまうので、色々なおやつをあげてみると楽しいかも♪



穀物や種

ハムスターはひまわりの種、南瓜の種、乾燥とうもろこしなどの穀物や種類が大好きです。

種子類は脂肪分が多いので、与えすぎると肥満の原因になります。

おやつとして少しだけあげるようにしてください。

我が家のゴールデンハムスターにはひまわりの種を毎日数粒あげています。

好きな好きな子が多いので、まだ慣れていない時でも手渡しであげると仲良くなれたりします。

ペレットに比べると少しかたいので、年をとってくるとあまり食べなくなります。




このコーンは我が家のハムスターたちの大好物です。

たまに実をはずして隠すだけで満足する子がいますが、大抵の子は全員大好きでよく食べます。

すごくかたいので折ることも切ることもできず、1匹に1本あげてしまうのは多いのですが、

飼い主が泊りで家を留守にする時、保存食として1本ケージに入れておきます。

もちろんいつもの餌も入れてあるので、コーンは3日くらいかけてゆっくり食べています。

乾燥野菜・乾燥果実

ミックスフードを購入すると乾燥野菜や乾燥果物が入っています。

個人的にはわざわざ単体で購入してあげる必要はないかな、と思いますが、

おやつとしてあげたら喜ぶかもしれません。

我が家のハムスターたちはコーンや種類の方が好きなので、あまりあげていませんが、

ミックスフードに入っている乾燥野菜は喜んで食べています。

乾燥野菜はコーンなどに比べて柔らかいので、赤ちゃんハムスターは食べやすそうでした。



生野菜や生果実

さつまいも、人参、キャベツ、南瓜、ブロッコリーなどの野菜は

野菜や果物はビタミンが豊富なので、毎日与えたいものです。

水分の多いものはレタスやきゅうり、トマトなどの水分の多い野菜は、

毒ではありませんが下痢をしやすいので、あまり与えない方が良いです。

果物も食べますが、水分と糖分が多いのであげる場合は少しだけにしてください。

野菜、果物の中には絶対にあげてはいけないものもあるので気を付けてください。

絶対にあげてはいけない野菜と果物

玉ねぎ、ネギ、ニラ、芽キャベツ、ジャガイモ、生の豆、アボカド、レンコン、銀杏、ごぼう、ももの種

その他の食べ物

チーズ、ミルワーム、ゆでささみ、茹で卵の白身なども食べます。

良いタンパク原になるので、妊娠中や授乳中のお母さんにあげたりします。

チーズは人間用のものは塩分が多いので、ペット用のチーズをあげてください。

ささみと茹で卵はもちろん味付けはしないでくださいね。


ミックスフード

ミックスフードはそれだけで色々なものが入っているので、

何種類もの餌を用意する必要がないので、時間がない時などは便利です。

色々なメーカーのものがありますが、ものによってはひまわりや種子類が多いものもあるので、

我が家ではペレットと混ぜて与えています。



ハムスターの餌とおやつの時間は?

1日1回夕方から夜の活動時間にエサをあげます。

日中は寝ているので、餌もおやつもあげず、驚かせないようにそっとしておきます。

なので、おやつも夜にあげます。

餌をあげる前後ににひまわりの種などのおやつを手渡してみたり、

触らせてもらったりできます。

スポンサーリンク

ハムスターの餌は入れっぱなし?

餌皿に入れて置きっぱなしにしておきます。

一度に全部は食べませんが、少しずつ1日かけて食べます。

ほお袋に詰め込んで運んだり、どこかに隠したりもします。

古くなった餌はお腹を壊したりするので、隠したや食べのこしの餌は、

次の日の掃除のときに取り除きます。

我が家では隠し餌のペレットは少しだけ残しておきます。

ハムスターは餌を隠して安心するので、隠し餌を全部取ってしまうのは少しかわいそうなので。

生野菜はすぐに腐ってしまうので必ず1日で取り除きます。

ハムスターの餌の量は?

ハムスターが1日に食べる量は体重の5~10%くらいです。

体重100gのゴールデンだったら餌は1日5g~10g

体重40gのジャンガリアンハムスターだったら1日2g~4g

隠し餌はなるべく取り除いてから与えます。

本当は食べきれる分の餌与えるのが一番良いのですが、エサを隠す楽しみもあるようなので少しだけ多めに与えています。

我が家のゴールデンハムスターたちは、与える餌の量にかかわらず、必要な分だけを食べて残りはかくしてあります。

なので多少餌の量が多くても肥満にはなりませんが、ハムスターの種類や個々の性格などによって違うと思いますので、

ハムスターの様子を見つつ、体重も測りつつ、エサの量を決めてください。

ハムスターの餌は毎日必要?

ハムスターの餌は基本的に毎日あげてください。

もしも、エサをあげるのを忘れてしまっても、1日くらいなら隠し餌もあるので大丈夫です。

ですが、できるだけ毎日忘れずにあげるようにしてください。

どうしてもお泊りの用事がある場合は、留守にする日数分+半日分くらいのエサをえさ皿に入れてお出かけしても大丈夫です。

(普段からエサはあるだけ全部食べてしまう子はムリかもしれません。)

我が家ではこの方法で2泊くらいのお留守版をお願いしたことがあります。

その時は餌は3.5日分くらい入れていきました。

スポンサーリンク