プラバンの表面にコーティング おすすめのコーティング剤は?

プラバン工作の仕上げのコーティング、何を使おうか迷うことはありませんか?
着色に使ったものとコーティング剤の相性が悪いとにじんでしまいます。
失敗しない色塗りとコーティングの組み合わせについてまとめてみました。

スポンサーリンク

プラ板のコーティングには水性ニスがおすすめ

水性ニスは乾く前は水性で、乾くと耐水性なります。
使用した筆やハケは乾く前によく水洗いしましょう。
手や服などについた場合も、乾く前なら水洗いで落とせます。

水性ペン、ポスカとの相性

水性ペンの上から塗るとインクが溶けて滲んでしまいます。
水性以外のものでしたら大抵のものに使えます。
ポスカは水性ですが乾くと耐水性になるため、よく乾いてから水性ニスを塗ることができます。

プラバンとの相性

何もしてないプラバンに直接塗るとはじいてしまい塗ることができません。
着色済みのプラバンに使用する場合は、着色したインクの上のみニスが付き、未着色の部分ははじいてしまいます。

油性ペンとの相性

油性ペンの上からも塗ることができます。
油性ペンで輪郭を描いただけのプラバンは、インクのない部分がはじいてしまうので、水性ニスではコーティングできません。

色鉛筆との相性

色鉛筆の上にも塗ることができます。

クレヨン、パステルとの相性

クレヨン、パステルにも使用できますが、注意が必要です。
くれよん、パステルは焼き上がりがプラ板の上にパステルの粉や解けたクレヨンが乗っている状態です。
ニスを塗るときに表面を擦ってしまうとにじむことがあります。
くれよん、パステルの場合は、スプレー式のニスの方がよいでしょう。

アクリル絵の具との相性

アクリル絵の具は乾くと耐水性になります。
上に水性ニスを塗ることができます。

プラバンはUVレジンでぷっくり可愛くコーティング!

UVレジンはぷっくりとした仕上がりになります。
一度で済ませようとせずに重ね塗りをすると綺麗にできます。

水性ペン、ポスカとの相性

水性ペン、ポスカ、両方とも使えます。

プラバンとの相性

着色していないプラバンの上にも塗ることができます。

スポンサーリンク

油性ペンとの相性

UVレジンは油性のものを溶かします。
油性ペンの上に塗るとインクがにじんでしまいます。
油性ペンの上にUVレジンを塗りたい場合は、まず水性ニスを塗って保護してから、UVレジンを塗ってください。
水性ニスが完全に乾いてからUVレジンを塗りましょう。

色鉛筆との相性

色鉛筆の上に塗ることができます。

クレヨン、パステルとの相性

クレヨン、パステルの上に塗ることができます。
なるべく表面を擦らないように塗ってください。
多めに落としたUVレジンを爪楊枝などで広げる感じで塗ると綺麗にできます。

アクリル絵の具との相性

アクリル絵の具の上に塗ることができます。

プラ板のコーティングにはトップコートがおすすめ

ネイルのトップコートは手軽に手に入れることができ、ラメ入りなどを使っても可愛くできます。
油性のものの上に塗るとにじんでしまいます。

水性ペン、ポスカとの相性

水性ペン、ポスカの上から塗ることができます。

プラバンとの相性

未着色のプラバンの上にも定着します。

油性ペンとの相性

油性ペンの上に塗るとにじんでしまうので使えません。

色鉛筆との相性

色鉛筆の上に塗ることができます。

クレヨン、パステルとの相性

クレヨン、パステルの上に塗ることができます。
なるべく表面を擦らないように塗ってください。
トップコートを多めにおいて広げる感じで伸ばしていくと綺麗に塗れます。

アクリル絵の具との相性

アクリル絵の具の上に塗ることができます。

プラ板のコーティングはジェルメディウムで!

ジェルメディウムは白いボンドのようなもので、乾くと透明になります。
色々な着色剤と相性は良いですが、ドロっとしているので、平らに綺麗にならすのはコツがいるかもしれません。
乾くと耐水性になるため、手や服などについた場合は乾く前に水洗いしましょう!

着色料との相性

未着色のプラバンの上にも塗ることができます。
水性ペン、ポスカ、油性ペン、色鉛筆の上にも使用できます。
もともとアクリル絵の具と一緒に使う物なので、アクリル絵の具との相性は抜群です。
クレヨン、パステルの上にも塗ることができます。


プラバン工作の作り方【まとめ】基本的な作り方、コツ、コーティングについて はこちら

スポンサーリンク